保険

生命保険の究極の見直しでライフプランに合った賢い節約術が凄い!

calculator-385506_1920 (3)
ファイナンシャルプランナーによる

 

「生命保険の究極の見直し」

 

賢い保険の節約術を

 

今回ご紹介するのは、生活環境に応じて意外に見落としがちな

 

保険の見直しにより、より効率的なライフプランを実現し、

 

ファイナンシャルプランナーが行う、

 

「生命保険の究極の見直し」のご紹介です。
ところで皆さんは、必要保障額ってご存じですか。

 

必要保障額とは、保障の対象である被保険者が死亡したり、

 

入院してしまったとき、本人や家族に必要となる資金のことです。

 

必要保障額は、子供が小さいほど、また家族の人数が多いほど

 

高額の保障が必要になります。

 

このようにライフステージによって、本当に必要な保障額を
 
見極め検討する事が賢い保障選びの第一歩となります。

 

たくさんのケースがありますが、具体的に言うと、

 

2,000万円が1,000万円以下になる事もあるのです。
money-2724235_1920 (2)
「生命保険の究極の見直し」での強みは、
 
日本最大級のネットワークで、全国のファイナンシャルプランナーが
 
的確にアドバイスをしてくれます。
皆さんのライフプランにあわせた計画をたてるため、ある分野に

 

特化した知識ではなく、金融商品、株式、保険、不動産、税金、

 

年金、ローンなどの幅広い知識が必要です。

 

また、世間にはたくさんの金融商品があふれていて、

 

その全てを知るのは難しいですよね。
そうした多くの中から、状況に応じたプランニングをし、

 

あなたの目標を実現させるための手助けをしてくれます。

 

これこそが、今、ファイナンシャル・プランナーが脚光を

 

浴びている理由なのです。
family-3501026_1920
それではライフプランの中で、主にスタイルが変わる可能性がある
 
内容をお伝えしたいと思います。
・就職

 

今まで両親に頼っていたさまざまな保障が、自分の責任になります。

 

自分がケガや病気のときに、ご両親やご兄弟など周りに迷惑をかける

 

ことがないように日ごろから備えましょう。

 

・結婚

 

結婚後の生活スタイル・貯金計画・出産時期なども含め、

 

ご夫婦二人で生命保険の見直しを話し合いましょう。

 

そして万一入院や死亡ということが起こったときに、

 

自分と配偶者が当面の生活に困らない程度の保障が必要ですね。

 

・出産

 

生活費や教育資金など、子供ができると必要となる経費を踏まえ

 

生命保険を見直しましょう。

 

また世帯主が死亡したときの遺族の経済的なリスクは、

 

より現実的なものとなり、より保障金額の大きい保険プランを

 

考える必要がありますね。

 

・保険の更新

 

生命保険の更新はその後の保障を考える絶好の機会といえます。

 

加入した生命保険はそのままにしておくケースが意外と多いものです。

 

生命保険の見直しで必要と思われる金額のギャップを調整できて、

 

ムダの少ない、納得した保障設が可能となるわけです。

 

・住宅の購入

 

住宅ローンを組むと、ほとんどの場合、同時に生命保険に加入する

 

ことになるのはご存知でしょうか?

 

余分な生命保険に加入してしまっている事態もあるかもしれません。

 

また住宅ローン返済のため家計のやりくりのなかで、

 

今の生命保険の加入状態を今一度見直してみましょう。

 

・退職

 

本格的な高齢化社会を迎えるなかで、公的な年金だけで生活することは

 

困難になっています。

 

退職後のゆとりある生活のためには、将来いつまでにどれくらいの

 

資金を準備すればよいのかということも考えて、

 

生命保険の見直しで退職後のライフプランをたてておきましょう。
contract-2779509_1280
このように、人生設計において保険の見直しは欠かせません。

 

幅広い知識のファイナンシャルプランナーと最善の改善を見つけて

 

みてくださいね。
これをきっかけに気になった方は是非、

 

「生命保険の究極の見直し」の無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

素敵な人生を送るきっかけになれば幸いです!
無料相談