エンジニア

はじめてのエンジニアの未経験求人でITエンジニアを目指す!

mateus-campos-felipe-Fsgzm8N0hIY-unsplash
人物重視の企業を紹介

未経験でもITエンジニアなら

「はじめてのエンジニア」
今回ご紹介するのは、

・未経験OKの完全ポテンシャル採用

・文系・理系問わずどちらでも可

・学歴問わず人物重視の採用企業を紹介

を行い、ITエンジニアが未経験からでも求人サポート

してくれる「はじめてのエンジニア」ご紹介です。

「ITエンジニアが不足傾向にある」ことと、

今後の「市場成長」と「人材の供給量」から推測して、

近い将来に深刻なエンジニア不足が発生するといった

問題があります。

その背景から、未経験からでも育てていくという

ポテンシャル採用という手法が用いられています。

そこをしっかりと繋いでくれるのが、

「はじめてのエンジニア」なのです。

max-duzij-qAjJk-un3BI-unsplash

それではまず、未経験からエンジニアへの

転職成功するまでの流れをお伝えしたいと思います。

①IT業界・職種を理解する

IT業界に転職したいと意欲はあるものの、

業界構造やIT関連職種についてあまりよくわかって

いないというのは、意外とよくあることです。

ただし、業界・職種を知ることは、先々のプログラミング学習や

転職活動において一番の肝となるステップなのです。

まずは、業界・職種の理解を深めることが大事です。
②IT業界の全体像を知る

「IT業界」という言葉は広く、「IT業界」の中には、

複数のビジネスモデルが分類されています。

ビジネスモデルの違いを理解せずに未経験から

エンジニアに転職すると、思っていた仕事と違うといった

ギャップが生じるため、まずはIT業界の全体像を理解する

ことは非常に重要です。

ここでは、大きく4つに分けてご紹介します。

・アプリ開発

自社で作ったWebアプリやスマホアプリ等のサービスで、

売り上げを立てている企業です。

・Web制作

クライアントから依頼されたサイト(HP・LP・採用ページ)を

制作し、売り上げを立てている企業です。

・SIer、システム開発

クライアントからシステム開発・運用・コンサルティング等を

依頼され、売り上げを立てている企業です。

・SES(システムエンジニアリングサービス)

クライアントに対してエンジニアを派遣することで、

売り上げを立てている企業です。

各業界の有名企業を調べると、どんなことをしているか

具体的なイメージが湧きやすいと思います。

web-designer-2443766_1920

③職種を知る

エンジニアと一括りにされていることが多いですが、

エンジニアの中でもあらゆる種類の職種があります。

そして、それぞれの職種によって仕事内容・必要な知識や

スキル・キャリアパス・働き方など、様々な点で異なります。

目指したいエンジニア像を考えるためにも、まずは職種の

違いを理解することは非常に重要です。

大きく4つに分けた概要を簡単にご紹介します。

・Webエンジニア

WebアプリケーションやWebシステムの設計・開発・運用などを

行うエンジニアです。

・フロントエンドエンジニア

Webエンジニアの中で、Webサイト等のユーザーが

目にする部分(Webサイトのトップページ等)の設計・作成を

行うエンジニアです。

・インフラエンジニア

Tの土台となる「サーバー」や「ネットワーク」の

設計・構築・運用・保守を行うエンジニアです。

・テストエンジニア

システムやアプリケーションが正しく動くかのテストを

行うエンジニアです。
④自分がなりたいエンジニアを考える

業界・職種を理解した上で、まずは自身がなりたい

エンジニア像を考えましょう。 

どの業界でどの種類のエンジニアになりたいかが

定まっていないと、何を目標にして学習すべきかが

明確になりません。

例えば、Webアプリケーションの開発に携わりたい場合と、

インフラの構築に関わりたい場合では、初学者から学習する

内容や転職成功までにすべきことは大きく変わります。

向き不向きを知るという意味では、必ず一つに絞り切る

必要もないですし、業界・職種を理解した上で、


自身の特性に合った仕事を研究することも重要な道のり


なのです。
このように、非常に奥の深いエンジニアですが、


やりがいは最高にあるのです!
これをきっかけに気になった方は是非、

「はじめてのエンジニア」を


利用してみてはいかがでしょうか!?