不動産

不動産投資のデメリット

前回は不動産のメリットについてお話しさせていだきました。

不動産投資はメリットの方が多いですが、もちろんリスクもあります。

なので、今回はデメリットについてお話しさせていただきます。

不動産投資のデメリット

一般的に多いリスクを2つ紹介します。

1. 空室リスク…貸し出した物件に入居者が入らなかったために家賃収入が得られない。

2. 家賃滞納リスク…入居者が家賃の支払いを期限内にしない


予定していた家賃が入らないと収入が減り、

ローンを組んでいる場合その返済が滞るという恐れもあり、

大きな損失になる可能性もあります。

 

リスクを最低限に抑えるためにしておくこと

・入居者に身元の確かな連帯保証人を確実に付けてもらう。

・家賃保証会社の利用を入居条件にする。


・不動産会社などに貸し出すサブリースを利用するなどの方法があります。


このようにあらかじめさまざまな対策をしておきましょう。

 


その他にも価格変動にも気をつけましょう。


不動産を売却する時に、物件の価格が購入時より大幅に低下していると、

売却損が膨らんでしまい「収益があまり得られなかった」

という結果に終わるおそれもあります。