スキルアップ

webデザインのスキル

個人でも収益化可能な職業としてWebデザイナーがあります。

場所を選ばずに仕事できることもあり、人気のあり職業かと思います。

 

そんなWebデザイナーの仕事の内容を紹介していきます。

 

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーの仕事とは、

簡単に説明するとWebサイトのデザインを担当することです。

クライアントが思い描いているWebサイトをになるように、

全体の構成を考えながらデザインを構築していきます。

 

それでは、Webデザイン、

Webサイト構築するはどのような流れとなっているのでしょうか?

 

Webサイト構築する流れ

1.Webサイトの構成とレイアウトを決める

制作するWebサイトの大まかなレイアウトを決定させます。

基本的な構成や全体のボリュームなどを洗い出します。

 

2.Webサイトの色合いや装飾決めです。

「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトを用いて、

Webサイトの配色やロゴ・アイコンの配置などを決めていきます。

3.Webサイトのコーディングを行う

ユーザーの使いやすさや見た目の美しさも意識しつつ、

事前に決めた大まかなレイアウトに沿ってロゴやアイコンなどのデザインを行います。

 

コーディングにはHTML、CSS、JavaScriptといった

プログラミング言語が主に利用されています。

 

最後に

Webデザインには正解がありません。

クライアントの思いがWebサイトとして表現できるよう、

密なコミュニケーションを図る必要があるため、

技術以外の部分も必要となってきます。

ただ、直接のやりとりが多いため、やりがいも感じ流ことができるかと思います。

 

今後、Webサイトの需要は減ることはないと思いますので、

挑戦してみるのもいいかと思います