スキルアップ

動画編集のスキル

5Gが普及され始め、動画への注目上がる中、

個人でも稼ぐことができる動画編集の仕事の人気が上がってきています。

 

今回は、その動画編集の仕事はどんなことを行うのかを紹介していきます。

映像制作の基本的な工程

まずは映像制作の基本的な工程を確認しましょう。

殆どの映像作品は「企画・構成→撮影→編集」

というプロセスを経て完成し、公開されます。

最初のステップである企画や構成はプロデューサーやディレクターが担当します。

撮影はディレクターの他にカメラマンや出演者が参加して行われます。

撮影が終われば、編集の作業を行なっていきます

 

それでは具体的に作業の内容をみていきます

作業の内容

1.撮影素材から良い部分を選び繋げるという作業を行います。

良い部分の中の更にどの瞬間を使うかや、

それを繋ぐ際のリズムなどを判断してつなぎ合わせる必要があります。

 

2.映像の色味や明るさ、コントラストなどを調整する

例を挙げると、

撮影しているうちに昼の日差しが

夕陽になってしまったのを隠す為に色の調整を行います。

 

3.テロップやイラストを追加する

テレビ番組でもあるようにテロップを追加していきます。

必要があれば、イラストを追加して映像以外でも情報を追加していきます。

 

4.BGMや効果音を追加する

こちらもテロップと同様、テレビ番組のようにBGMや効果音を追加していきます。

映像に合わせたBGMや効果音を選び挿入していきます。

 

大まかな流れと作業になります。

 

最後に

いかがでしょうか?

映像編集はスキルとして持っておくに今後越したことはないと考えれるので

興味があれば一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

初心の方も参入しやすくなっているので個人的にもおすすめです。