転職

転職前にやること

今日では、定年退職まで一つの会社に所属して働いていくという

終身雇用という考え方は変ってきて、

転職が当たり前になってきているのではないでしょうか。

 

ほとんどの人が経験するであろう転職ですが、

転職する前にやっておくと良いこと、退職までの流れを紹介していきます

 

1.退職を伝える前に

円満退職するなら業務の引き継ぎなどを考え、

2カ月前程度には上司に退職の意思を伝えるといいかと思います。

職種によっては「プロジェクト終了時に合わせる」「繁忙期を避ける」

といった各々の事情があることも配慮しましょう。

仕事内容や会社・部署の状況などを考慮した上で、

無理のない退職スケジュールを考えましょう。

 

2.退職の意思を伝える

前述したように、約2ヶ月前に退職の意思を上司に伝えましょう。

引き止めにあったりすることもあるかと思いますが、

理由と意思がブレないようにしましょう。

退職後の計画に影響が出ることがあります。

 

退職を受け入れてもらえた場合は、

引き継ぎ期間、最終出社日、有休消化等を相談して決めましょう。

 

一度の相談で受け入れてもらえず、

より高い役職の上司と話することになる場合もあります。

 

その場合は理由をぶらさずに話し合いをしましょう。

 

3.退職日までにやること

退職することが決まったら、退職日までに引き継ぎを行いましょう。

会社からパソコンが貸し出されている場合は、ファイルの整理もしておきましょう。

お世話になった先輩にも挨拶をしておくと良いでしょう

4.退職日にやること

退職日には退職する旨の挨拶をお世話になった上司・先輩に対して行います。

挨拶の方法は会社によって異なるかと思いますので会社の風習に合わせて行いましょう

 

以上が退職までにやっておくことと流れになります。

退職を伝えることは緊張などで気が進まないかもしれないですが、

今後の自分の人生でより良い方向に向かうためには必要なことかと思います。

一言勇気を出して伝えましょう。