不動産

不動産投資のリスク

不動産という投資商品は消えることなく存在し続けています。

実は不動産という商品は、リスクとリターンが他の投資商品よりも予想しやすく、

それを事前に理解しておけば、対策が打てるという投資商品です。

その不動産投資ですが、どのようなリスクがあるんでしょうか。

 

不動産のリスク

・空室リスク

空室リスクは、所有している物件に誰も借り手がおらず、

空室が発生し収入が0になるリスクです。

不動産投資の最大のリスクといえます

 

・修繕リスク

修繕・設備費用が発生するリスクです。

新築でも中古でも、ある程度時間が経てば修繕の必要が出ててきます。

 

・家賃滞納リスク

家賃滞納リスクとは、

入居者が家賃を滞納して家賃収入が滞ってしまうリスクになります

 

・地震リスク

日本は地震大国のため、完全に地震リスクを回避することは難しいため、

対策が必要になります

 

・火災リスク

火災リスクとは、火災が起きて建物に被害が及ぶリスクになります。

物件購入の際に火災保険に加入することでリスクへの対策が可能です。

 

・金利上昇リスク

不動産投資ローンの金利が上がり、支払総額が上がってしまうリスクのことになります。

 

まとめ

不動産投資で主にリスクとなる物をあげてきました。

これ以外にもリスクとなるものがあります。

対策が可能なものもあるため、

不動産を購入する場合はリスクの把握とそれに対しての回避策を検討すると良いでしょう。