不動産

不動産投資について

投資先の一つとして多くの方は不動産投資を検討されているのではないでしょうか?

そんな不動産投資について紹介していきます。

 

不動産投資とは、安全性が高く、

長期にわたって安定した収入が確保できる有効な資産運用の手段と言われています。

月々のローンを家賃収入を活用して支払うことができるので、

普段と変わらない生活をしながらローン残高を減らすことが可能です。

なので、少ない自己資金で取り組むことができる投資手段として、

多くの皆さまから選ばれています。

 

代表的な「4つ」の不動産投資物件

不動産投資はマンションやアパートなど、

投資物件によってノウハウやリスクも異なります。

代表的な投資物件は大きく4つに分けられます。

 

・マンション経営(区分)

一室単位となるので都心・駅近の条件の良い立地で始められます。

また、他の投資物件に比べ投資金額が低いため、

初めて不動産投資をスタートされる方におすすめになります。

 

・マンション経営(一棟)

マンションをまるごと一棟購入する形で、賃貸経営を行います。

区分投資よりも大きな利益を得られる反面、投資金額も大きいため、

失敗した場合のリスクもより大きくなります。

 

・アパート経営

アパートの建物を丸ごと所有して賃貸経営をすることです。

土地と建物が必要になるので、もともと土地を所有している方に適しています。

都心・駅近などの好立地では、莫大な予算がないと始めることが難しい物件になります。

 

・戸建て経営

戸建て経営は、一戸建てで賃貸経営を行うものです。

一つの戸建て住宅に複数の入居者が居住する場合もあるので、

シェアハウスも戸建て投資の一種に含まれます。

 

不動産投資について

・専門的な知識やノウハウがなくてもできる

不動産投資は他の投資に比べ、複雑な投資方法を学んだり、

日々経済の動きをチェックしたりする必要がないです。

・本業に支障をきたさず「副業」ができる

働き方改革の一環として「副業解禁」が注目されています。

サラリーマンの方でも働き方の選択肢が増えてきている一方、

副業はしたいけど本業が手一杯で時間がない、という方も多いのが現状です。

不動産経営は基本的に、信頼できる不動産会社に業務を委託します。

株やFXなどのようにこまめに市場を見張る必要がなく、

経営のわずらわしい手間がかからない為、

忙しく働くサラリーマンでも出来る人気の副業です。

 

・まとまった資金がなくてもできる

自己資金がなくても始められる理由としては、

購入した不動産物件を賃貸として貸し出すことで、家賃をローンの支払いに充てられ、

入居者がいる限り確実にローンを返済できるからです。

 

・自分でリスクをコントロールできる

どんな投資にも、リスクはあります。

そのなかで、不動産投資のリスクはあらかじめ対策がとれるものばかりです。

リスクをうまくコントロールすることが、不動産投資を成功させるコツと言えます。

 

最後に

不動産投資について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか

投資を始めようと思っている人は一度、不動産投資も検討してはいかがでしょうか