保険

生命保険のメリット・デメリット

自分に万が一のことがあったときのために

生命保険に加入するべきか検討している方は少なくないたかと思います。

本記事では、そんな生命保険のメリット、デメリットについて紹介していきます。

 

生命保険とは

生命保険とは大勢の人で公平に保険料を負担しあい、

その中からもしもの時に、保険金や給付金を支払うことを約束したものです。

生命保険は、生活と家族のために備えるものになります

生命保険のメリット

・万一の保障ができる

支払う保険料より大きな額の保険金を設定できるので、

万一のときでも遺族が何十年も生活できるだけの生活費を確保することが出来ます

 

・相続税対策ができる

相続税の非課税枠を利用することで相続税対策ができ、

保険金の受取人を指定することで遺したい人に確実に遺すことが可能になります。

 

・所得税・住民税を軽減できる

生命保険料を払うことで、

保険料の一定額を所得から控除できる生命保険料控除が所得税と住民税にあり、

課税される所得を減らすことができます。

 

生命保険のデメリット

・インフレのリスクがある

加入時に決めた保険金額は、基本的にいつ支払事由が発生しても変わりません。

その間、インフレやデフレにより貨幣価値が変わっていけば、

保障に過不足が生じることも考えられます。

必要に応じて契約内容を見直したり、

保険金額等が変動する保険を選んだりすることで対応する必要があります

 

・保険料がかかる

生命保険に加入すれば安心できる保障を手に入れることができますが、

保険契約で定めた保険料を払わなければなりません。

 

・すぐに解約すると損をする場合がある

貯蓄性の高い保険の場合、契約から短期間で解約したときは、

受け取れる解約返戻金が払い込んだ保険料を下回る可能性があります。

 

最後に

私たちは生きている以上、死は避けられません。

自分の万が一のために備えておく、

生命保険のメリット・デメリットを理解した上で自分の必要ことを補償してくれる

保険会社を選びましょう。